海乳EX 原材料 成分

海乳EXの原材料や成分・栄養成分一覧

海乳EXは一袋に生カキ155個分の濃縮牡蠣エキスを使用しているのはすぐに分かりますが、その他にどのような原材料を使っていて、どのような栄養素を含んでいるのでしょうか?副作用のある成分などないのでしょうか?

 

海乳EXを安心して購入するために成分や栄養素をチェックしておきましょう。

 

主な原材料。海乳EXの成分表。

サフラワー油、牡蠣肉エキス、ビール酵母、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(イカスミ色素)、ビタミンE。

海乳EXのパッケージに書かれている原材料名
海乳EXのパッケージに記載されている原材料名の写真貼っておきます。まだ中身が入っている海乳EXで撮ったのでちょっと見辛いですが。

 

含まれる栄養成分は

19種以上のアミノ酸

タウリン、リジン、バリン、アスパラギン酸、アルギニン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、チロシン、アラニン、トリプトファン、プロリン、イソロイシン、セリン、グリシン、シスチン、グルタミン酸、ヒスチジン、ファニルアラニン。

タウリンやリジン、アスパラギン酸など栄養ドリンクに含まれる元気の元もたくさん含まれていますね。「体調がいい。」「疲れが溜まりにくくなった。」という口コミが多いのも頷けます。

14種以上のミネラル

亜鉛、マグネシウム、銅、カルシウム、セレン、リチウム、カリウム、リン、総クロム、ヨード、マンガン、ナトリウム、コバルト、鉄。

人間が生きるのに必要な必須ミネラル16種の内、11種類も含んでいます。牡蠣のエキスって本当にミネラルがたっぷりなんですね。

6種以上のビタミン

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、こりん、イノシトール、ビオチン、葉酸。

厚労省が妊活中や妊娠初期に摂取することを推奨している葉酸を始め、貧血の予防効果や新陳代謝の促進などの効果があるビタミンB群も多く含まれています。

炭水化物

グリコーゲン。

グリコーゲンは牡蠣やホタテやウニなどに多く含まれている栄養成分で、血糖値を調節する効果や疲労回復効果、脳を活性化させ集中力や記憶力をアップさせる効果があると言われています。

 

海乳EX(カイニュウ イーエックス)の販売サイトへ移動